カウンセラー紹介

名前

水沢 蓮美(みずさわ はすみ)

略歴

千代田区で生まれる。医学者の父とバイオリン教室を主宰する母の間ですくすくと育つ。
「将来は医者に」という親の希望を完全に裏切り、24歳で結婚、28歳で離婚ののち、不動産業界へ。
そこで不動産の面白さを知り、34歳の時に宮城の祖父の後を継ぎ、2代目社長に。
2011年の大震災を経て祖父の死と直面する。改めて人と人の絆の大切さを知る。
10年私を育ててくれた宮城県を離れ、生まれ育った関東に戻り人と人の絆をつなぐ仕事だと確信し、結婚相談所ハピラッティAZABUをたちあげる。現在に至る。

保有資格

NLPマスタープラクティショナー
宅地建物取引主任士
アロマテラピー検定1級

趣味

社交ダンス、神社仏閣めぐり、昭和なカフェ探し

特技

占い(九星気学・西洋占星術・タロット)・アロマセラピー

私の想い

ops_0005rrはじめまして、水沢蓮美と申します。
「皆様がハッピーで笑顔な毎日を過ごせますように」という思いから結婚相談所「ハピラッティAZABU」を立ち上げさせていただきました。

当結婚相談所は主に30代後半からの再婚者の方メインのサロンです(もちろん初婚の方もお若い方も大歓迎です)。

貴方にとって、理想とする結婚生活、て、なんでしょうか?
想像してみてください。
都会的なマンションで二人でお洒落な生活?ワイワイと週末子供たちや家族とバーベキューでもしながら?それとも週末のテニスをご一緒に?銀座でお相手とお買い物?理想の結婚生活、て言葉からたくさんのイメージがわくと思いますがそこに共通しているのは「笑顔」と「大切な人」ではないでしょうか?

結婚相談所を立ち上げたきっかけは2011年の大震災です。実際には立ち上げるまでにずいぶんの時間を要してしまいましたが、あの大震災を経験したからこそ、「当たり前に」「ありふれた」現実は実は一つとして「当たり前」でも「ありふれた」現実でもない事を痛感しました。逆に言えば。「ごくありふれた」「当たり前」の日常は少し退屈かもしれないけれど、「幸せ」なんだって事。痛いほどわかりました。

当サロンが目指すものは「ごくありふれた」「当たり前」の最高の結婚生活を会員の皆様が手に入れていただく事です。

今日居た人は明日居るとはかぎりません。今日ある現実は明日も必ず続くわけではないのです。
だからこそ。「ごくありふれた」「当たり前の」日常が毎日続くこと。それが最高の人生だと考えます。
だからこそ。ご入会時にはかなり時間をおかけしてカウンセリングを行います。
貴方がもしも。結婚する事に幸せがないなら。私はご入会をお断りさせていただきます。
貴方の幸せのために働く事が私の使命だと思うからです。

それから。離婚を経験した方の多くは、二度とあんな辛い別れは経験はしたくない、と思い、好きな人が出来ても結婚に躊躇する事でしょう。
私もそうでした。
でも。考えてみてください。

どんなに豪華な食事でも一人で食べるより、大切な人と「おいしいね」と食べるごく普通の食事の方がずっと美味しいのではないでしょうか。

そうなんです。一人でも生きていけるけど。二人の方がもっと楽しい、て事。実は私たちはわかっているんです。そして大切な人が傍にいれば、大概の大変な事も乗り越えられます。

また傷つきたくないから。。。て、本当は結婚したいのに逃げてませんか?
残念ですが過去は変えられません。でも。自分と未来は変えられます。

同じ様に私も悩んだ経験があるからこそ、会員様が出会う「大切な方」とは5年後も10年後も「笑顔」でいてくださる事をモットーに二人三脚で活動していければと思っています。貴方にとって最高の幸せを手に入れましょう。
人は幸せな時、自然と笑顔になります。
港区・麻布の結婚相談所 ハピラッティAZABUをどうぞよろしくお願い申し上げます。